とあるスタッフの バチ抜け2日目

お客様の情報によりますと

昨晩は人は多かったけど、バチ抜けしてなかったとか・・・

となると、その場所は今晩は無しか?

と、簡単に判断できないのがバチ抜けなんですよね

引き運みたいなとこも含めての釣りなところもありまして

自分の釣運を信じるか信じないかは・・・です

では、自分の行ったエリアのご報告

 

大潮一日目に、そこそこ数釣りした後に

バイト君に釣り場案内かねて、少しシーズン後半の場所へ移動したところ

バチは抜けてるけど、そこに居るのはボラの群れのみ

シーバスの気配は感じられませんでした

それが、大潮2日目にどうなるか?が気になって、今日はシーズン最終時点での爆釣ポイントへ

満潮1時間前に現場到着

先行者1名

観察かねて、1時間ほど粘ってみた結果

30㎝ぐらいなチーバスが2回ほどバチを捕食しただけ

こりゃ、今回の潮回りじゃ

ここまでシーバスが刺してきてないわ

と判断して場所移動

次は、昨日釣果の出た場所へ

昨日悔しい(周りは沢山釣ってたのに・・・)思いをしたバイト君が

リベンジに来てるんじゃなかろうか?

釣り場観察の前に、人探し

おっ、おったねぇ~ そのやる気に今日は答えんとなぁ

しっかりガイドしようと心に決めて(Sな部分を封印)合流です

 

釣れた?

バイト君:全然だめです、バチは昨日より沢山いるんですけど、魚の反応が無いです・・・

どれどれ?と水面を見ると、薄暗くて見にくい中でも結構な数がウヨウヨと

満潮直前にこの量が抜けてるってことは

今日はこの場所釣りにならんかも・・・

10分ほど横でキャストをしてみたところ、キャストのたびにルアーにバチが引っかかる

こりゃ一面バチだらけになってるんじゃ?

ヘッドライトで水面を確認したら・・・

ハイ、見える範囲だけでも数万匹のバチだらけ

無理~ 終了~

この数の餌の中にある1個のルアーを魚に喰わせるなんて不・可・能

バイト君、ここは見切って移動しよう

バイト君:なぜ?

今は深く考えなさんな

とあるスタッフのガイドを信じなさい

なんとか、今日は気持ちよく釣ってもらいたいんで

頭の中の過去のデータを掘り起こし、こんな時ならどうすべきか?を自問自答

で、出した今日の可能性

バチ少なめ+シーバス少なめ+釣り人のいない場所

理由 

少ない魚が少ない餌を探してる場所なら、ルアーを見つける可能性が高い

そこに釣り人が多数いたら釣られちゃってる可能性が高いから

とにかく釣り人のいない場所

 

さぁ、貸し切りじゃ

ここでチャチャっと釣りんしゃい

君が昨日釣れんかった理由は、周りの釣果に焦ってペースが乱れたから

バチパターンは、投げたら水面をま~っ直ぐ引いてくるだけなんで

ルアーを間違えなければ、釣れるって

マニックを信じて投げ倒しなさい

半信半疑のバイト君でしたが、結果は早くすぐにヒット♪

釣れた余韻に浸ってるから、時合は短いからチャチャっと外してキャスト再開をせかします

そしてら連続ヒット、からのサイズアップ♪

よしよし、えぇ感じ 今日はやさしい自分がガイドです

バイト君:牧さんも釣ってください

無理 今日のタックルじゃ

ヒットゾーンまで届かんもん

さっき、ちょっと本気でフルキャストしたら、ダマしダマしの腰痛爆弾がピキって・・・

もう、キャストは出来ません

短期集中の時合で3匹釣ったバイト君に、自分からの指令

70Up釣ろうや

って言って数投後、結構グッドサイズがヒットしたんじゃけど、途中でラインブレイク

リーダーの切れ方見たら、口の中にルアーすっぽり入って、歯でざっくり言った感じ

かなり悔しそうなバイト君

一回で全部が完璧に完結せんのが

釣りってもんよ また次頑張ろう♪

今回は写真無し

激戦区避けての小場所釣行 他の釣り人との距離がそれほど離れていないんで

フラッシュ撮影したら、「えっ、そんな場所で釣れるんじゃ」ってバレちゃいますからね

これも一つのテクニック

こういった細かい情報はお店でね♪

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました