スタッフ募集

 

とあるスタッフの ベイトタックル 自分の中の現在地点その2

その1はリールだったので、その2は竿に関して

あくまで自分個人の感想ですが、竿は硬い方が投げやすい、気がするぁ~

竿の仕事は、飛ばすこと、アクションさせること、魚の引きをいなすこと

などなど、色んなことを複合的にやる必要があって

釣種によってそれぞれ特徴をもって製品化されてます

その中で、ベイトタックルの話をする訳ですが

ベイトタックルの最大の特徴は、スピニングに比べてパワーが強いこと

であるならば、竿はパワー重視に振った方が良いと思うわけです

とは言っても、硬すぎる竿だとキャストが難しい

・・・ってのは昔の話

竿を曲げることで、その反動を利用してキャストする

これが当然の理屈です

その上で、自分がよくやるソルト用のベイトフィネスとか

渓流ベイトなんかだと、使うルアーが軽いものが多いから

竿を曲げようと思うと、ある程度柔らかくないと曲がってくれない

ってことで、柔らかいものが多かったんですよね以前はさ

でも、実釣で使うと

柔らかい竿って、まぁ~投げ難い

どうしても、曲がった反動で、竿先が逆方向へ曲がって、そのあとしばらく

びよよ~ん、って竿先がバタつく

そこで放出されたラインが素直に出にくくなって、バックラッシュが発生する

このバタつきを抑えるため、各社ガイドセッティングや軽さを追求してる訳です

じゃったら、硬くする方が簡単じゃね?

とか思うんですよ自分

硬いと曲がらないから、反動が得られずキャストしても飛距離が出ない

ってのは、数年前までの話

今のベイトリールの進化はすさまじく、竿の反動無くても、キャストの遠心力だけで

十分スプールが回転してくれて、必要な飛距離が出るんよね

でも、竿曲がらんと魚の引きが楽しめないし・・・

っていう事にも疑問

じゃって、パワーがあることがベイトの良さなんじゃけぇ

そこはゴリゴリ寄せるんが売りな気がする

とか思ったりするわけです

その上で、渓流でルアーやってると、上流へキャストして流れより早く巻いて

その中でルアーのリップに水を噛ませてアクションさせる

竿が柔らかいと、この作業が竿に吸収されて上手く行かない事がある

今使ってるのがULアクションじゃから、Lの方が良いのかな?

これが春ごろから気になっていた

そんなとこへ、Lアクションを使うチャンス到来

釣具屋の店員やってて良かった♪って思う瞬間

今回お借りしたのがこれ

 

 

竿だけで、空で振った時の印象

硬った!これでトラウト用?

でも、ラインを通して、ルアーを結んでキャストすると

チャンと曲がるんですよねぇ~これが

これぐらいの硬さじゃと、キャスト後のびよよ~んは、全くなし

なるほどなぁ

正直、最初はキャストに手こずった

竿が曲がって戻るまでのタイムラグを体が覚えてるから

リリースポイントが上手く行かない

ブレーキのセッティングも今までとは違う

慣れるまでにちょっとかかったけど

慣れちゃえば、これが予想してた通り、竿が硬くてもルアーは普通に飛んでいく

流れの中でアクションさせやすいし、ヒットした魚を急流の中から引き出せる

竿が硬いことで、曲がりや戻りの誤差が少ないから

分かってしまえば狙ったとこへ打ち込みやすい

うん、これはこれで悪くない

ただ、竿に頼らない分だけ普段より振ってる手の力が強めなのか、ちょっと疲れた

ちなみに、2023新見ラスト釣行

来年春まで禁漁になるから、できれば魚の顔は見て終わりたい

けど、まだ行った事が無い場所があるから、新規開拓もしたい

出来たらデカいのも釣りたい

で、考えたプラン

午前中は新規開拓して、午後は確実に釣果が出せそうな場所に行ってボウズ回避

ってことで、今回も初場所へ

初場所の、何もわからない感じが

まぁ~毎回刺激的♪

 

 

っお!ちっこいのがオッタ♪

このサイズが釣れたって事は、ここは自然繁殖がされてる証

もう少ししたら禁漁=産卵期

ってことは、おるじゃろ?この子の親サイズ

 

丸坊主の可能性無くなった♪

午後も新規開拓に全力投釣

タクティストTT-42 来月の日野川源流でイワナで試そうとお借りしたんじゃけど

使った感じ、竿が硬いから針の貫通力が上がって捕獲率UP

と思ったけど、硬い分ショートバイトを弾くから、±0ってとこかな

竿が硬いからバラシが増えるって事は無し

 

流れの中で、ルアーはキビキビとアクション可能

ここは期待通り♪

オーバー・サイドキャストの精度は抜群

唯一、フリップキャストの飛距離が出しにくい

フリップは竿の曲がりの反動だけで飛ばすから、曲がらない分だけ距離が出ない

ここは単純な理屈じゃね

自分のキャスト技術が未熟なことも、距離の無さに大きく影響してるんは確かじゃけどさ

 

今回は、もののふ・D-コンのローテーションで15匹ほど

目標の尺は出なかったけど、20㎝後半のチェイスも何匹かあったし

今年も打率10割キープで終われたし

新見のアマゴのポテンシャル感じて今シーズン終了

来月は、日野川に一点集中、この川にはヤマメとアマゴの両方がいるから

尺越えの夢はまだ諦めず

と同時に、夜はアオリイカ♪

今はアオリのタックル悩み中

10月頃のサイズには、シルバーウルフがドンピシャでハマってるんじゃけど

9月のコロッケサイズにはパワーがありすぎて面白くない

去年までは、メバリングタックルで遊んでたから、その時間に使いやす竿ないかな~?

ソルティストの竿検討中

タイトルとURLをコピーしました