とあるスタッフの 場所選びは、経験?直感?エギング編

ひとつ前のブログの続きです

目指せキロアップ、エギングへ

この時期に、エギングをした経験が無い

ゆえに、狙う場所が初秋と違うのかどうか?がよぉ~分からん

そもそも、この時期にこのエリアで釣りをしたことが無いから

初秋と晩秋の季節感が

魚の生息場所にどう影響してるんかもぜ~んぜん分かんない

とりあえず、初秋に釣果の良かった場所を見て回る

この時点で、夕方から数時間ルアー釣りをしてたんで

体力的にも限界近し、あんまりランガンは出来そうにない

普段なら、場所選びは8割経験、2割直感の自分

このブログ読まれてる方にしたら、この比率に違和感かじられるかな?

基本直感型の生き物である自分ですが、それでも場所選びの直感は2割ほどなんですよ

それぐらい過去の経験に引っ張られるのが

釣り人の特性って事じゃね

時間は夜中の1時過ぎ

ここから人が動くことも無いじゃろうし、まぁ自由気ままにやりましょうかね

ってな感じで、とある波止へ到着

この時期、過去の経験が無い以上、今回は直感でこの場所を選択

車を止めて、準備して、目指すは波止の先端の外灯のあるところ

ここは、経験の部分ね

潮通しの良い波止の先端に、常夜灯がついてたら、釣果の可能性は極めて高くなる

そこへ向かって歩いていると、波止の中間あたりに

でっけぇ墨あと発見

まだ1~2日も経ってない乾き方じゃ

ここでやる? 周りをキョロキョロしてみたけど釣り人の気配なし

よしっ、後からここで一発狙いじゃ

その前に、まずは波止の先端で釣り開始

王道的な釣り方は正直あんまり好きじゃく、ひん曲がった正確な自分ですが

エギングに関して、只今猛特訓中にて、まずは素直に王道からです

最初に投げるのは、やっぱりこのエギ

エギ王K3.0号オラオラマンゴー

普段なら、釣れるかなぁ~なんて期待感が高まる瞬間じゃけど

水面付近に生命反応がまぁ~たく無いから・・・

ついさっきまで五目釣り状態の場所で釣りしてたから、余計に寂しく感じてる

釣り開始して10分ほどたった時

釣り人2名がこっちへ向かって来てることに気付く

そして、躊躇することなく、さっき見つけた大きな墨あとの場所へ

・・・・あれ?これ場所選びを間違ったかも

そっちを気にしながら更に10分ほど

あっちも釣れてないや、たまたまのデカいかじゃったのかもな

よし、自分の釣りに集中しよう

アタリが無いから、エギを色々とローテーション

そしたら、ついに来ました最初のアタリ!

結局、エギを最初のに戻したら当たったわ

 

やっぱ波止の先端+常夜灯

この法則に狂い無し

そこからまたしばらくして、再びアタリ

 

両方とも、フルキャストしたその先でのヒット

常夜灯の明かりの中じゃなく、灯の外側に居た感じ

・・・まてよ

って墨跡のあった場所は、常夜灯の明かりのちょうど切れるあたり

・・・そういう事か?

不安が頭をよぎる

自分が2杯釣ってる間に、まったく無の状態でも諦めずにキャストを繰り返してるって事は

それなりに確信があるって事なのかも?

ジモティーの強みか?

初めての時期・場所で2杯釣れたってのに

喜びどころか、焦りを感じてるわ

そこから再び沈黙の時間

なんか気のせいじゃったかな?

ってよく見たら、足元に美味しそうな影があるじゃんか?

あそこにゃシーバス君が潜んどる雰囲気あるなぁ

ちょっと投げ見ようかなって、ファラストリップレス50Sにチェンジ

明暗の境目に投げ込んで、ギリギリ明るい方をタダ巻きしてると

バシュ!

あっ、でた!しかも体高がヤバい!!

5~60㎝のヒラスズキじゃ

なんちゃってエギンガー、ルアーを一緒に持ってきてたから

ヒラセイゴじゃなくて、ヒラスズキに出会えたわ♪

やべぇ~ぐらいに引き強い

って言うか、ネット持ってきてないから抜き上げ不可能

このまま、エラ洗いを連発させて、針を外してもらうしかないな

よしっ、その作戦で行こう

ドババババっ、からポロり

上手くいったわ

って自己満足堪能してたその向こうで、後から来た釣り人の竿が

め~~~~~ちゃ曲がっとる!!!!

しまったぁ~

場所選びも、狙うべきタイミングも完全に外しちまったぁ~

横目で見てもデカいんじゃけど

重さ測ってる声が聞こえて・・・1キロ超えとるわぁ~、だって

焦る自分、こうなりゃエギのサイズを上げて一発狙いじゃ

エギ王K3.0→3.5号へ

そんなら、再び当たりあり

・・・じゃけど、軽いわぁ~

初めての場所で、初めての時期に、3杯目

素直に喜べないこの感じはなんじゃろか・・・

その後、釣り人達が帰り支度始めたんで、自分もそこで終了

3対1、しかも向こうは2人で1杯、こっちは1人で3杯

潮通しの良い、波止の先端+常夜灯、釣果を出すには間違いなし

じゃけど、数釣りと型狙いは別物ってことを久々に感じた今回の釣行

って言うか、まだまだ釣れることは分かった訳じゃし

それはそれで意味が大きいわな

あの時、自分一人なら3杯釣れたことに満足はしたけど

ここでデカいのが釣れることには気づかずに終わってた

それを考えたら、釣っていただけたことに感謝しなきゃね

次回への糧としよう

・・・なんて

そう思えるほどに自分は人間が出来てない

キロアップ釣りたかったよ~~~

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました