タイムの宝くじ

 

とあるスタッフの 尺イワナ連発!イカ時々メバル釣行

急遽決まった、ヤリイカのガイド、からの一人渓流釣り

良い事すれば、釣りの神さんからご褒美あり。の報告

そろそろ閉店時間

明日が休み、さぁ今晩どおしようかな~?なんて考えながら

翌朝の渓流釣りの入渓エリアを模索中

前回は新見に行ったから、今回は日野川に行こうかな~

兎に角、自分の現在の時間軸は、休みの日の渓流釣りを中心に回っております

そんなとき、店内で久々にお顔を見るお客様発見

初冬頃にお顔を見て以来かな~

お久しぶりです

やっと冬眠開けましたか?

そこから近況お話してる流れから

最近好調な山陰のヤリイカのアイテムを数点購入していただきました

いつもご家族で釣りを楽しまれてる方なので

確実に釣果が期待できる餌巻きテーラーをおススメ

お客様:餌は?

ササミをおススメしたら、じゃぁ今からスーパーで買って行ってくるわ、とのこと

自分:えっ?今晩これから行くんですか?

じゃあ、車の車種と色を教えてください

お客様:???

今日自分もそっち方面行くんで

とあるスタッフ ガイドします

 

今まで一緒に釣りしたことも無ければ、お店以外で会ったことなどありません

とあるスタッフガイドサービス、何の前触れも無く、突然発動するシステム

電話番号なんて、当然知りませんし

あの広い海岸線で、車種だけ聞いて見つけられるかが、釣果よりも大変かもね

見つけられなかったら、それまでのこと

気まぐれガイドサービスです

結果から書くと、ちゃんと現地で合流出来て

前半は、ヤリイカの気まぐれな機嫌で一苦労

沢山見えてるのに、まぁ~相手してくれない

おそらく、夕方から釣りをされてた人がいて、すでに叩かれたあとだからかな・・・と

そんな中、最初の1杯は奥様にヒット

自分めったにやらないウキ釣りなんで、ピコンピコンってウキにアタリが出るのが

凄く新鮮で、めっちゃ興奮しました♪

そこから、場所移動したり、戻ったりしながら、多分15杯ぐらい釣られました

最近は、釣果優先の、ストイックな釣り人相手のガイドばかりじゃったから

家族でほっこりフィッシング

これがまた、楽しかったなぁ~♪

他人の釣果で喜べるって、釣り具屋の店員か、遊漁船の船長ぐらいじゃもんね

一緒になって、わぁ~わぁ~楽しんでたら、写真一枚も撮ってませんでした

今回、苦戦から好調へ変化したきっかけは

場所移動のタイミングと、新しい群れの接岸がハマったこと

イカが見えてるのに移動するって判断は、非常に難しいとは思いますが

思ったほどの釣果が出せず悩んでるアナタ

粘るより、動いてみるのも試す価値ありですよ

ガイドしてる最中、自分一人で少しの時間移動して

デカメバルを探す旅へ

ダービーの最後で一発逆転狙ったんじゃけどね

20㎝前後数匹釣れたけど、サイズ更新ならず・・・

もっとデカいのいると思うんじゃけどな~

尺はどこじゃ~~~

からの

夜明けとともに渓流へ

日野川、ヤマメが・・・釣れん

姿が見えんのよ

放流魚は釣り切られたとして、天然はどっかにおるハズなのにさぁ~

去年は夏に釣れたんじゃから、春先に全滅なんてことにはならんと思うんじゃけどなぁ~

ちなみに、先日の新見でのアマゴ

 

これ、放流魚の残りね

触ると鱗が剥がれちゃうのが特徴らしい(飼われてたから防御力低くてもOKみたいな)

顔つきもどことなく優しい感じ

より源流域へ登っていくと

 

触ったぐらいじゃ、鱗は剥がれたいしない

こんなのが、日野川のヤマメもおるハズなんじゃけどな~

1時間ほど中流域を攻めてみて、無反応

途中お会いしたルアーマンと情報交換、お互いの苦戦を分かち合い

ヤマメは時期的にまだ早い、と自分を納得させて

そこから、イワナ狙いにシフト

いつものごとく、釣場選びは直感と嗅覚

10分ほど車で走った場所に、まだ入ったことの無い沢を発見

今日はここで勝負

イワナは、いれば反応してくれる

釣れなくてもチェイスはある

いざ入渓

今回は、もののふを封印

最近コレばかり使ってるから(釣れまくるもんで)

テクニック向上のために、色んなルアーを試していく

まずは、去年大活躍のリュウキ

・・・・あれっ?

・・・・そんなばかな?

イワナまで今日は相手してくれんのか?

って思った開始から10分ほど

リュウキ、ちゃんと釣れる

自分の腕も鈍ってない

そんじゃ、次はD-コンパクト

水深が思った以上に浅いんで、本家D-コンタクトの方じゃと根掛ると判断して

コンタクトじゃなく、コンパクトを選択

 

よしっこれも釣れる♪

渓流ルアーは

他のルアー釣りとは満足度が変わってくる

って言うのは、渓流用のルアーって、釣り人がアクションを仕掛けないと動かない

アクションを入力する力、時間、方向、竿さばきき、糸さばきの違いで

全く別のルアーのように動きが変化する

じゃから

釣れた、とか、このルアーじゃから、みたいな感覚が低くて

俺のテクニックで釣った!

って、勝手に思い込ませてくれる

ザっ、自己満足!(えぇんよ、釣りは個人競技なんじゃから♪)

今回、一番活躍したのがコレ

 

正直言って、極力使いたくないんよねこのルアー

理由は、顔・・・ソルトルアーっぽい

渓流ルアーの顔しとらんのよこの子は

じゃけどさ、釣れるんよ、去年のアマゴの最大魚はこのルアーじゃったし

 

イワナの頭の先まで模様があるのが、このあたりの固有種ゴギの特徴らしい

近年は、放流したニッコウイワナと雑種化してて、純血の生息域は小さくなってるんだとか

この個体が純血かどうか分かんないけど、この沢で釣れた個体は全部模様があったから

ゴギの血が濃いエリアなんじゃろうね

 

去年の最後に尺イワナを初めて釣って、ネットが小さくて慌てたからさ

この冬に一回り大きいサイズにしたわけ

でさ

枠より、大きいの(尺越え)が今年3匹目

からの

 

4匹目!

お客様のヤリイカガイドのご褒美に、釣りの神さんがプレゼントしてくれた感じじゃわ

 

マジで、超おもしれぇで

渓流ルアー釣り♪

ってか、ヤマメはどこよ?

ってか、何年も追いかけてる尺メバル、君はいつになったら俺の前に現れるんじゃ~~~

タイトルとURLをコピーしました