マナー喚起

とあるスタッフの 楽しすぎる渓流 デカいのいるじゃん♪

 

渓流初心者、今年始めて

只今5回目の挑戦 楽しすぎるぜ渓流釣り の報告

まったくもっての渓流素人自分

興味はあったけど、敷石の高さを感じてなかなか手を出せませんでしたが

始めてみたら、なんと楽しい事♪

そして、サイズ狙いも決して無理じゃない♪

 

尺いったかな~って思ったけど、29㎝じゃった

ちょびっと寸足らずなとこが自分らしいですわ

もっと綺麗に、カッコよく写さんといけと反省中

渓流釣りしてる人たちの写真は、芸術的じゃもんなぁ~

釣果を求めるだけじゃなく

思い出写真も、この釣りの一部

ちゃちゃっと数釣りを楽しもうって感じの他の釣りとは違って

風景を目だけじゃなく、肌で感じながらの自然との一体感

 

初めての場所、初めての魚との出会い

限られたシーズンの中で、刻々と変わる季節と魚の反応

只今、全身で楽しさ堪能中

ウェットウェーディング、これがまたええんよ♪

自分、基本的に同じ場所へ2回続けて行かない人なんですが

日野川水系、想像以上に釣り場が多くて、同じところに行ってる時間が無い

これまでに竿を出した場所(日野川の支流)

日野川・萩山川・木谷川・久塚川・石見川・野上川・真住川・板井原川・俣野川・大江川

川の読み方すら分かんない

狙いすましてその川に行ったわけじゃなく、なんとなく車で走りながら

今日はこの辺でやってみよう、的な

 

日野川水系の素晴らしいとこは、どこの川に行っても、サイズを言わなきゃ丸坊主ってとこが無い

その上で、針に掛ってない(チェイスだけとか、見えただけとか)のを含めたら

どこの川にも、そこそこデカいサイズの、ヤマメ・アマゴ・イワナが居るよね

 

 

パーマーク(魚体の模様)が、肉眼で見たら、そりゃもう美しい♪

それを、画像に残しお伝えできるような技術も、合わせて勉強中

 

川によって、風景が全く違って

源流っぽいとこ、いわゆる渓谷みたいなとこ、里川ちっくなとこ、本流などなど

日替わりメニューで場所を変えてるのは、自分にはどんなロケーションが合うのかを探してるから

釣れたらそれでOK

この釣り、そんな単純な魅力じゃ収まり切らない

朱点があるから、これはアマゴかな?

サイズによっても微妙に模様が違ったり、場所によって色が濃かったり薄かったり

魚自体の性格も場所によって何となく違う気がしてる

何かもが白紙の状態から始めたこの釣りじゃけど

少しづつ、何となく、が見えかけてきた

完成図の分からないパズルを、少しづつ完成へ近づけてくようなこの感覚

分からないことが、多けりゃ多いほど

楽しさと、攻略する喜びが増すんですよね

3回目の挑戦で、尺絡みの個体を何匹か目視できてて

どんなとこに居るのか?が何となく見え隠れしはじめた

それをもとに、別の場所へ行った4回目

追わせるとこまで、少しづつこぎつけて、3匹掛けて2匹バラし

1匹だけ獲れたのが最初の写真の29㎝

トラウト系独特の引き方に、タメの効かないショートロッドでどう対処するか?

ここも日々勉強です

いや~しかし、案外おるんじゃね尺絡みの個体って

解禁直後からの生き残りが、少しづつ成長しているのか

天然個体がここまで成長したのかは、よぉ分からんけど

おるよ、色んな支流に、でっかいの

そんなこんなで5回目

行くぜ尺越え、ってならない自分の思考

今回は、イワナが釣りたいぞ!

で、超源流へ突入しました

これは、序の口、入り口

これでも難易度かなり低めです

水面まで草木が生い茂り、どこをどうやったらキャストが出来るんじゃ?

2時間ほど、もがきにもがき

何とか魚の顔は見えたけど

 

ここはまだ自分にゃ早すぎた

しばし里川渓流で腕を磨かないとな

移動

別の支流へ

 

ヤマメとはまた違った美しさ

渋いよね、イワナって

イワナとヤマメの釣り分け方法は?

ルアー?アクション?場所???

今の自分の釣り分けは

イワナが釣りたいんじゃ~って強く願う事!

望まない者には手に入らない

運ゲ~ムの強いのが釣りじゃけど、努力と思いは裏切らない

釣りの神さん、人情深いとこがあるんよな

 

これぐらいが、今の自分が獲れるの最大サイズ

ルアーの後ろから目の前までついてきて、最後の最後で目が合って

イワナ:よおっ!

自分:あっ、どうも(汗)

そう挨拶して帰っていったのは、小さく見ても35㎝オーバーの太いイワナじゃった

次もまた別の場所行くか

そろそろ2周目に入って、取りこぼしを回収にかかるか

次の休みが待ちきれない

ウキウキが止まらないオジサンであります

コメント

タイトルとURLをコピーしました