とあるスタッフの 海の中は秋になってる?の調査へ

今回は、晩秋の釣りを求めて

西へちょこっと足を延ばしての調査報告です

最近、近場で夏の魚代表格のアコウが好調キープ中で、季節感がよぉ~分からん状態です

 

かなりの高確率で狙って釣れる状態じゃから

先日は、お客様とブラックバス用のギルボーンってワーム縛り

このワーム、一昔前はレアルアー扱いでしたが、最近はワゴンセールで特価販売中

これの有効利用っていうか、見れば見るほど釣れそうな雰囲気プンプン♪

カニとかヒイラギなんかによく似てる

そりゃ~釣れるわなぁ

 

カサゴも本気食いの丸のみじゃ

そんなこんなで、どうも岡山の海は秋っぽくない

もう11月、なんならそろそろ冬ですよってこの時期なのになぁ~

ってことで、今回はちょっと西へ足を延ばして、季節感の調査です

まずはアオリイカの調査から

ずいぶんと大きくなってるかな?

なんて言っても、自分の腕じゃ賢くなった大型個体は相手してくれんじゃろうなぁ~

風が無く、気温高めで、釣場には結構な釣り人を確認

知らない人の中で釣りをするのが苦手な自分

とりあえず空いてる場所さがして釣り開始です

まずは、最近の自分のエース中のエース、エギ王K3.0号オラオラマンゴーから

現場到着時、下げ2分ぐらい

シャクって、フォール、すぐ着底

おもったよりここは浅いなぁ~

遠投して、ちょっとでも水深のある場所を狙っていくと

ツン⁉

アタリ? 合わせてみるけど軽いまま

気のせいか?

次のフォールで、再び違和感

多分イカがエギのそばにおるぞ

こんなに早く結果が出るか?

もういちどシャクリを入れてからのフォール

グン!からの、バシっ!!

 

先月とサイズは変わんないけど

11月に狙って釣れた♪

今年になってエギングドハマり中の自分、普段やってこなかった時期に釣果が出ると

いや~こりゃうれしいもんです♪

さぁ次はサイズアップじゃ!ってキャスト繰り返してたら

・・・・根掛り

エース殉職

もぉ~釣れる気がしねぇ~

他のターゲットに切り替えようかとも思ったけど

まだ釣れそうな雰囲気あるしなぁ

次は、エギ王Kのスーパーシャロー

これならゆっくり沈むから、根掛の危険が減るんじゃないか?作戦

こういう、色々と考えて手を変え品を変えしてる時に

うまいこと結果が出ると、超~~楽しいね♪

 

 

気持ちサイズアップ

ちょっと上手になってきてるんじゃね?

なぁ~んて思わせてくれる釣り場に感謝

そのあと、ランガンしながら三杯目

上手な人が使ってそうなカラー戦略

理由はどうあれ、今回も成功♪

さぁ、ここからが本題

季節は秋に向かっているのか?

一つの基準は、シーバスの大きさと太さ

12月末頃の産卵へ向けて、沿岸部にいたシーバス達が沖の深場へ移動するのがこの時期

その時、いったんこの辺に魚が集結してきて

しっかりエサを食べて体力をつけるのが晩秋のパターン

秋っぽくなってたら、波止際には7~80㎝クラスが見え隠れするはずなんですよね

 

結果から言うと、まだその時期には少し早い感じ

60㎝ぐらいまでが波止際でボイルしてました

この個体は、だいぶ厚みが出てきてて

魚体を見る限り、海は夏から秋へ切り替わり始めてるようですね

ちなみに、今回のシーバスが食べてた餌は、アミエビとマツイカ

マツイカがメインになるとイカパターンでの釣りが簡単に成立し始めるんですが

今は、とりあえずアミエビを食べてて、時々マツイカの群れが近づいたタイミングで

一気にスイッチが入って、バシュ・ボシュってボイルが出る感じ

イカパターンは、バイトシーンが水面で丸見えになることが多いから

刺激的で、楽しさ倍増ですよ

 

イカパターンには、スミスさんのメバペンマグナム♪

廃盤じゃったのが、最近再販されたおかげで

今年もドッパ~~んを堪能できるわ♪

まぁ、そんなこんなで、海の中は晩秋って言うより、初秋って感じですね

でもね

実を言うとシーバス釣ってる時に、秋の代表的なターゲットの気配をビンビン感じてたんです

コヤツは捕食音が、チョボっ!って言うんですよ

そんでもって、水面が常夜灯の光の反射とは違う、ギラって言うかピカってなるんよね

もうなんだか分かりました?

シーバス狙ってる時に、たまにヒットすることもあるんじゃけど

やっぱり、コレ用に狙い方を変えた方が釣果が出しやすい

でね、結構真剣にやったんですよ、かなりの時間ね

そしたらついにヒットです!

そうです、秋の風物詩、太刀魚で~す

 

って、小っさ

ってか、細っそ

このサイズが、結構見えてましたね

次の大潮あたりから、太いのが接岸してくればえぇなぁ~~~

コメント

タイトルとURLをコピーしました