マナー喚起

とあるスタッフの 渓流ルアー 初挑戦♪

今年の初め、渓流釣りはじめようかなぁ~って思って

少しづつ準備して、昨日行ってきました1回目の報告

田舎育ちの自分

川はすぐそばを流れていたんで、子供のころから川釣りは経験してたんじゃけど

ヤマメ・アマゴみたいな渓流魚は住んでない地域じゃったから

過去一度も挑戦したことが無い

興味はずっとあったんじゃけど、始めるまでに必要な知識的なものが

ファミリーフィッシングOK的な海の魚とは違って

ちょっとハードルを感じてズルズルと・・・

それが、年のせいか急に山が川が恋しくなって

・・・・って訳じゃなく

夏遊びの魅力を感じたんですよね♪

この地域の渓流釣りって、解禁から1カ月ぐらいでほぼ終了

追加放流を釣り切ったら、もう魚居らんからさ・・・ってね

かなり魅力的な河川が多いのに

6月過ぎたらポロポロと鮎釣り師を見かける程度で、他の釣り人見ないんですよね

自分、夏場は山陰へロックフィッシュやフラットフィッシュ狙って、しょっちゅう行き来してて

道中、県北の河川も山陰側の河川も、なんかもったいないなぁ~って感じてました

全国的に見たら、近年は夏場の渓流釣りの人気が高くなってて

場所取りが大変になってるそうなのにねぇ・・・

そこで自分考えました

魚の数が少ない時期じゃけど、釣り人の数も少ないんじゃから

一人当たりの取り分はそれなりにあるんじゃなかろうか?

海釣りでも、場所選びは基本的にこの思考

人の多い大場所より、人の少ない小場所が好み

暑い夏、朝5時頃から海へ出て、10時過ぎには暑さでギブアップってのが夏の自分

それが渓流じゃったら、一日遊べるんじゃ?

そんなこんなで冬に準備を開始

アイテムを少しづつ購入して、気持ちが少しづつ高まって

自分の計画的には少しフライングなんじゃけど、我慢できずに昨日渓流デビュー

選んだ場所は、日野川

理由、よく通る道なんで、川の状況が何となく想像できる事

そう、渓流釣りで一番わからないのが、どこで釣りをするのか?です

海と違って、車横づけで竿を出すって訳に行かず

車をとめるとこ、川へ下りる場所、川から道路へ戻る場所などなど

30分釣り上がったら、30分上った道を車まで帰らなきゃいけない訳で

上流側へ車をとめて、歩いて下って、釣り上がった先に車がある方が良いのか?とか

全く知らない土地で、一人で始めるには難題が多い

けど、これがたまらなく面白い♪

とりあえず、以前ルアー釣りをしていた人を見かけた場所へエントリー

車を止めるとこは確認済み

田舎育ちの経験で、川への降り方は何となく想像ができる

水際へ立つ

マイナスイオン溢れまくり♪

いかにもの雰囲気

わくわくが止まりませ~~~ん♪

とは言え、ここで焦ってはいけません

タックルも、ルアーもまったくもって実釣経験なし

いきなりキャストで木に引っかかったとかきついんで

まずはトロ場でキャスト練習

竿が短いことが最初は違和感しかありません

こんなんで飛ぶのか?

スピニングじゃなく、ベイトタックルで挑戦なんで

ブレーキの効き具合を調整します

愛機アルファスエアーを

渓流用のスプールに変えたのは正解な感じじゃな♪

ルアーは?

へぇ~こんなに細かく、激しく動くんじゃね?

アクション的にはこんなもんか?

って、試運転中にいきなり生命反応あり⁉

日野川で最初に遊んでくれたのはカワムツ君

これで丸坊主は無くなって肩の力抜けたわ

感謝するでカワムツ君♪

さぁ、実釣開始じゃ

このタイミングでのスタートを

なぜフライングと考えてるか?

お客様のお話では、渓流釣りは遅くなればなるほど釣れなくなるから

始めるんなら早い方が良いよって皆さん言われます

が、

自分は夏の渓流釣りがやりたくて

装備も夏用に揃えてきました

その一番がこれ

 

ウェットウェーディングの装備です

初耳の人も多いかと思いますが、全国の夏の渓流釣りではコレが主流

普通、ウェーディングって言うと、ウェーダーを履いて足が濡れないようにして釣るんじゃけど

これ、ウェットなんです

どういうことかって、簡単に言ったらズボンのままで水の中へって事

夏のウェーダーって水に入ってればいいけど、陸上にいるときはサウナスーツ

その上、草木をかき分け、岩を上ったり下りたりしてると、穴が開く危険あり

じゃったら、一思いにズボンのままでいいんじゃね?ってスタイル

脛のアタリにウェーダーっぽいの履いてますが、これはゲーターっていうのもので

足の保護のための衝撃吸収が目的で、サポーターみたいなもん

じゃから、これで水に入ると、普通にズボンが濡れる、足が濡れる

なもんで、

今時期じゃと、ちょっと寒い・・・

恐る恐る水の中へ足をつけてみる

・・・・冷たい

ズボンが濡れていく・・・なんとも言えない罪悪感

が、なんじゃろう、この解放感♪

思いっきり遊んでる感覚あり!

丁度通勤時間って事もあり、上の道路は交通量が多くなる

みんなが仕事っていう状況で、ずぶ濡れになって遊んでる自分

超~楽しい♪

開始数投

投げるたびに、魚が後ろから追いかけてきてる気がする

ちっこいけど、これもカワムツ?オイカワ?

兎に角魚は沢山いる

けど、3回も投げたら追ってこなくなる

ドンドン移動

岩、落ち込み、瀬、平場、トロ場、隠れ岩、倒木などなど

狙いどころが盛沢山

キャスト精度とコースが極めて重要

徐々に温まる体で、狙いを絞っていく

そしたら、ついに来ました

君は誰?

 

 

めっちゃチッコイけど

ヤマメじゃが!

人生初!

なんじゃろう、こんなにチッコイのにめっちゃ感動する~

おそらく、今後何十匹釣っても、どんなに大きいの釣っても

この時の感動は超えてかないじゃろうな

その最初の1匹が、こんなにチッコイのって

流石小物数釣り師の自分じゃな

そっから、結構色々ありまして

チッコイのを何匹か追加して

川を見ながら車で移動して

軽く迷子になってみたり

いっぱい歩いて

いっぱいこけて

岩をよじ登った先に先行者が居たり

沢山の魚がチェイスして

ほとんどの魚に見切られて

 

まともなサイズは、バラシまくり

短い竿での魚さばきが上手くできなくて、目の前の岩に当たってまぁ~落ちる

写真撮ったら逃がしたげるって言うんじゃけど

渓魚は恥ずかしがり屋が多いみたい

 

これぐらいのサイズを数匹バラしました

綺麗じゃねぇ~♪

歩いた距離、上った岩の数、膝脛の傷の数

釣りに使ったカロリーに対して、決して等価交換にならない、少ない釣果

 

あの落ち込みには、あそこの瀬には、その期待値から上った先で

まぁ~ったくの無反応

 

いや~、なんともMな自分にゃたまりませんなぁ♪

 

ただね

魚は結構残ってますよ

はじめての釣りじゃったから、まだ細かいことは語れるレベルじゃないんで

その辺は、また次回

年券買ったから、夏まで行きまくります

次は、新見か東条か、遊漁券どっちを買うか悩み中

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました