◆冬季営業時間に変わります

 

 

とあるスタッフの 秋イカ サイズ・数とも好釣継続中♪

台風と連休あとで、秋イカの状況どうなってるかな?

気になったんで、エギング調査に行ってみたら、よぉ~釣れた♪のご報告

今回も、朝から渓流釣りの予定で(禁漁前最終日)

その前に山陰の海でエギング調査に行ってきました

3連休は釣り人多かったでぇ~ってお客様から聞いていたんで

イカの方もそろそろスレ気味で、簡単には釣れなくなってるかな?

そう思いながら、いつものごとく行先決めずに行き当たりばったりで海の方へ

最初の場所 風・微風

こりゃエギング日和じゃな♪

あたりをキョロキョロしてみたら、波止の先端にヘッドライトの明かりを確認

先行者あり、移動

そこから3か所、それぞれの場所に1組づつ釣り人が居る状況

平日の晩じゃけど、今年の釣果じゃったら、そりゃエギンガーおるわなぁ~

その状況からも、スレ度の高さが予想される

4か所目で、人のいない波止を発見

よし、今日はここから始めようかな♪

タックルを準備して、常夜灯へ近づいてみると

豆アジが群れてるのが見える、ベイトは居る イカもおるじゃろ

先発は、エギ王Kのオラオラマンゴー

自分にとって、安心と実績のエギであります

今回は3.0号から行ってみよう

キャストして、沈めて、シャクって、沈めて

釣っれるかな~

どれだけ釣行回数を重ねても、釣り始めのドキドキはたまりませんね♪

おやっ⁉

ラインが沈んでいかないぞ?

抱いてるかな?これは?

バシッって合わせを入れたら、重いじゃん♪

グン、グン、グン イカ独特の引き味

この瞬間はリールを巻かず、竿でためて、勢いをいなしていく

グン・グン・グン♪

ちょっと重いんじゃね、前回からサイズが上がってる予想

 

 

余裕で胴長シーラカンス越え~!

さぁ、ここから連チャンするのか?

そう思ったけど、流石にポンポンとは行きません

エギを変えよう

そんじゃ、安心と実績から、お財布に優しいコンセプトへ

行ってこい、シャローフラッシュ!

前回は2.5号で楽しましてもらったんで、今回は3.0号で行ってみよう

当然、釣れるんですよ

安いだけのエギと侮ってはいけませんよ

これはあれだな

スレてはいるけど、活性は高い

飽きさせないように、エギをコロコロ変えて行ったら

ローテーテーションの回数だけ釣果が出てくる感じじゃね?

そんじゃ、前回良かったエギ王Kのネオンブライト行ってみよう~

 

当たりが止まればエギを変更

カラー変えたり、サイズ変えたり

あの手この手を色々やると、面白いようにイカの反応が続きます

 

ちなみに、今回もベイトタックルでエギング

竿・リールともにシルバーウルフ(チニング用)

竿は固い方の83MB

今年の秋は、これでシーバス・ロックフィッシュ・エギングなどなど

なんでも出来そうなタックルバランスなんで、フル稼働であります♪

そんなこんなでローテーションで爆釣楽しんでたところ

今日一番反応が良いエギが判明

 

このエギ着けてから、アタリの出方が異常なほど強くでる!

サイト(見えてるイカを釣る)で攻めたら一目瞭然

エギに気づいたアオリイカが、2~3m離れたところから

ズキュ~ンってすっ飛んで行って、一回も立ち止まることなく

そのままの勢いでエギを抱いていく!

 

アタリが強すぎるもんじゃから、体が反応して即アワセ

早やアワセになって、すっぽ抜けって事も多かったけど

その何倍もアタリが出た♪

 

皆さんから聞かれる

あの時は〇〇がドハマりして、そればっかりでメチャクチャ連チャンしたんよ~

ってやつですよね

今日のこの場所は、このエギが最強じゃったみたい

ローテーションすることなく、ず~っとアタリが続いたんよね♪

 

海の色、潮位、水温、風、波、餌、などなど

その時々で爆釣パターンは変わってきます

特に、エギングってエギ以外に選択肢が無いから

※プラグからワームに変えるとか、青虫つけてみるとか、ないもんね

微妙な動き、大きさ、カラーの違いで反応を探っていくようになる

引き出しの多さが大切になって来ます

Aが良かった、Aだけあれば良い、じゃなくて

風が強い時はAが良かったなぁ~、とか

暑い日はBが良かったなぁ~、など

状況と釣果をセットにして記憶(引き出し)に入れておくことをお勧めします

マジで、今年アオリイカの当たり年!

コロナ禍でのアウトドアブームも一段落して、一見さんの釣り人減ってるから

昨年までのような場所取りや、釣り人の過剰なまでのプレッシャーは無い感じ

エギングやるなら今ですよ~

 

タイトルとURLをコピーしました