タイムの宝くじ

 

とあるスタッフの 近場でヒラメをルアーで狙う 

岡山の激熱ターゲット

近場でヒラメを狙って来ました。の報告

今回の休みもアオリを狙う予定でいたんですが

自分の岡山でのヒラメ釣りの先生(お客様)がご来店

先生:ヒラメ始まったで♪ 

自分:サイズも出てますか?

先生:70㎝超えるのも釣れ始めたよ

タイムの持ち込み釣果情報にも

グッドサイズのヒラメが並んでいますよね♪

そっか~、ヒラメか~、どうしよっかなぁ~

って言うのも、自分色んな釣りをしてきましたが

ヒラメのルアー釣りって、1か0の釣り

って言うか、0の方が圧倒的に多いんですよね

たまたま偶然釣れるってのは少なくて

実績場所に通う、実績ルアーを使う、など

「狙う」という意識が釣果に大切

 

さてどうするか?

道具は家に帰らないと何もないよなぁ~

ルアーも最後に使ってそのまま投げてるから、針が錆びてるじゃろうな~

基本的に仕事終わりに、そのまま釣場へ直行スタイルなんで

帰って、道具をゴソゴソやってると、面倒くさくなる性格

普段なら、その思考になった時点で諦める

ヒラメは次回に持ち越しにして、今回はアオリイカ、ってなる

・・・・・

が、しかし

1か0の釣りにおいて、最新情報で1の可能性が高いことを教えてもらった訳じゃからね

行くなら今しかないでしょ!

って事で、大量の替え針を買っていったん帰宅

覚悟はしてたけど

BOXの中は

錆さびフックのルアーばかりじゃった

フック交換して、冬用のウェーダー出して、ゲームベストに小物を入れて

なんやかんやで1時間ぐらいかかったかな

さぁ行くで~

帰って来た道を再び戻って行く

これが無駄になりませんように・・・

まぁ、山陰へ行くことを思えば1/5以下じゃし

しまなみへ行くより1/3以下、地元の釣りは近いから良しじゃ

現場到着、先行者2名

釣りをしている間に2名は帰路へ、その後新たに2名が到着

釣り人それぞれに、ここぞって場所と時合があるんでしょうね

それに対して、自分は

翌日が休みじゃから

釣るまで帰らん作戦

なんせ久しぶりの釣り

何をどうやって、どんな場所を、どう狙ってたか?それを思い出す時間が必要

それと、30g前後のルアーがベイトタックルでも70mほど飛んでいくから

距離感と集中力の強弱を体から思い出させる

開始から1時間ほど

まぁ何もありません

夜釣りなんで、隣の人(50mほど離れてる)がどんなふうに釣りをしてるか盗み見も出来ない

唯一分かるのは、キャストの音と着水音で狙ってる距離感を予測

着水音から次のキャストの音までの時間で、リトリーブの速度を予測

少しづつ潮位が下がって、前に出られるようになったころ

ちっちゃなアタリが出始める

2~30㎝のチーバスがじゃれてくる

ボトムをはわせてると、ハゼ・カニが刺さってくる

水面付近を攻めてると、ミミイカがルアーに刺さってくる

なにかしらの生命感はある

あとはヒラメが寄ってくるのを信じて待つ

ボトムに張り付いてる魚のイメージが強いですが

干満差もあることから、結構岡山のヒラメは移動(回遊)してるようです

今釣れなくても、そのうち

そう信じ続けて2時間

あっ、0じゃなくなった!

・・・・・

と、お客様先生に認めていただけるでしょうか、このサイズ

 

ルアーとほぼ同じサイズじゃけど

ヒラメであることは確かじゃし、これ1で良いでしょ?

・・・・

という訳にもいかず

そこからも頑張りました

集中力切らさずに、投げて、巻いて、投げて、巻いて

時折アカエイに邪魔されて、体力奪われながら・・・

もうね

居る、と信じるしかない

その心が釣りの神さんに伝わったようで

 

決して自慢できるサイズじゃないけど

まぁ、これなら1ってカウントしても良いとしましょう

さらにサイズアップって気持ちもあったけど

まぁさ、1か0の釣りで、2じゃし♪

気持ちよく撤収~♪

タイトルとURLをコピーしました