クリックしてね!

とあるスタッフのメバリング五目

 

 

前回は本命撃沈でしたので、今回こそメバルの顔が

見た~い。

いつものごとく、仕事終わりに海へ出発。

行先は決めず、何となく運転開始。

途中、友人に最近の情報を聞いたところ・・・今一つ、とのこと。

 

今日は一人釣行なんで、スーパーランガンでもするかな

ってことで、ここで釣りするって事じゃなく、反応見ながらどんどん移動。

メバルの顔を見るまで帰りません作戦。

 

自分、基本的にこういうスタイルなんで、お客様からよく聞かれる「どこに行ったら釣れる?」の質問が苦手です。

自分的には、釣れなきゃ、移動しまくって、釣れる場所を探すってのが釣りの楽しみの一部じゃと思ってるんでね~

 

まずはここから開始。

そこは常夜灯が効いてる大きめの波止。

前回の釣行時は満月じゃったけど、今回はパッと見お空にお月様見えず。

これなら常夜灯の光で集魚効果が期待できそう。

まずはワーム+ジグヘッド1.5gで表層から

・・・反応なし

徐々に沈めて

・・・反応なし

魚がいない? それともワームがあってない?

んじゃ、プラグに変更。これで反応なけりゃ場所移動。

岸際に平行にキャストして、壁際の明暗付近を探っていくと。

 

ギラ~んって、細長い魚の影が!

おっ、太刀魚か?

って思ったら、ドババババ!! 水面爆発。

今回も君からスタートか・・・

じゃけど、ここは想定済み。

前回の反省から今回はネットを準備しとるから

安心感で、ファイトを楽しんじゃろ。

と余裕ぶっこいて始まったファイトじゃけど、この時期のシーバスはとにかく引きが強い。

産卵前の荒食いで、まぁ~太いから、その重量だけでもメバリングタックルじゃと持て余す。

細糸の時は、無理は禁物。時間をかけて魚の体力を奪っていきます。

竿を動かすときは、バット(根元)部分をしっかり曲げることに注意する。

ここを曲げないと、魚が弱らないこともあるけど

メバリングタックルは竿先が繊細に作られてるから

そこに曲げのピークを持ってくると、簡単にポキンと折れる危険あり。

最後は空気を吸わせて、しっかり弱らせてからネット投入。

ヒットルアー:ファラストミノー(オレンジギーゴ)

ファラストミノーのサイズは55ミリ。

魚体と似つかわしくないサイズ感じゃけど、なぜかシーバスの大好物。

 

メバリングの時に、こんな大きなネット持ち歩いてると違和感アリアリじゃけど、この時期はしゃ~ないね。

70UPはブッコ抜けんもんね。

この魚をリリースしてから、よ~く見ると、岸沿いにこれより大きな黒い影が多数見える。

こんな状況じゃメバルはおらんな・・移動じゃ

次の場所も、開始早々またこの子。

ヒットルアー:ファラストミノー(アカラメ)

産卵前に全員集合って感じで、一匹いるとこには複数引きが群れになってる感じ。

これも70㎝クラスじゃけど、見えてる影はもっとデカいのが・・・

一思いに、シーバスをメインにゲーム組み立てる方が楽しいかも

なんて、すぐに浮気心が沸いてくる・・・

けど、今回は絶対にメバルの顔を見るって決めましたからね。

最後にメバル釣ってから数か月、あの愛くるしい真ん丸目玉に早く会いたい。

 

ってことで、ここからはシーバスの影が見えない場所を探して移動開始。

何か所目の移動で、明らかにシーバスじゃない魚の波紋を確認。

メバル?じゃない気がするけど、とりあえず投げてみよう

ルアーは、買ったばかりのシュガペン58Sメバル。

いつもファラストばかりじゃ芸が無いんでね。

この大きさのルアーの中では、飛距離は抜群。動きは少し幅の広いS字のようなお尻の振り方。

アピール力が強そうな印象じゃな。

とりあえず、水面に生命感のある方向へキャストすると、暴力的にひったくるようなバイト。

決してデカくはないけど(シーバスばかりで感覚が少し麻痺)、スピードの速い引き味。

確実にメバルじゃないなこりゃ・・・

バイトだけじゃなく、引き味もまぁ~雑。やけくそ感たっぷりな逃げ方。

で、上がってきたのは丸々太ったサバ。

なるほどね。

あそこで水面にぎわしてるのは君か~。

試しに、同じ場所へキャストすると、連続的にサバがヒット。

流血の惨事で写真は無し。(電池でも入ってんじゃないかって動きですよね)

このまま続けてもメバルにならんなってことで、ワームに変えて少し下の層でリフト&フォール。

次の魚はフォール中に、コンっ。

反射的に合わせを入れる。こういうバイト・・・う~ん気持ちえぇ。

そこそこ引くねぇ~。

そして、この引きも確実にメバルじゃないね。

竿をたたく感じの独特の引きは、多分アレ。

赤か黒かどっちの子?

 

 

正体は、アイシャドーの綺麗な真鯛の子(チャリコ)じゃった。

こりゃ、なんかやばい雰囲気じゃ・・・本命なしで五目釣りの臭いがプンプンしてきたぞ。

と思ってたら、本日4魚種目。

 

ち~っこいガッチャンヒット。

このパターンじゃと、

あとフグが釣れて五目達成って・・・

更に移動。

まずは水面観察、シーバスの影が無いことを確認。

・・・・なんかおるぞ?

丸い影が3つ、4つ、5つ・・・なんじゃろかな?

ワームを近くへキャストして、ピロピロ~って引いてくると、影が全部ついてくる!

何なに?せっかくじゃけぇ水面まで出ておいで。

って、アオリじゃんか!

全部えぇサイズじゃし!!

喰いてぇ~♪

こんな時は、ライトゲームのおとも。ナオリーの出番じゃ。

こういう釣りをしてると、ベイカに遭遇することが多々あるんで、プラグBOXにはナオリーを常備です。

メバリングタックルでどうにかなるか?って一瞬思ったけど、どうせ釣れんじゃろし当たって砕けろ。

行ってらっしゃいナオリーちゃん。

2回シャクって、フォール。どうせスレてるからこの動きで逃げちゃうんでしょ?

って、思う暇もなく、イカが一斉にナオリーへ!

複数匹でいる時って、奪い合う心理みたいなものが発生して、理性をなくすのは釣りでは良くある現象。

が、こっちの心がそこへの準備が出来てない。

竿には重さが乗ってるし、合わせるしかないでしょ。

バシって合わせると

瞬間的に、プチ~ん・・・

0.3号のPEじゃ、あの大きさは無理じゃった。

 

大量の墨を吐いて、イカさん達さよなら~。です。

メバルのことを忘れて、その後しばらくナオリーを投げ倒したんですがね・・・ダメでした。

やっぱね、広範囲のイカを寄せるだけの力が、エギの大きさも・タックルの強さも足りなかった。

自分の喰いたいって殺気が強すぎたのも敗因かな~。

よく見ると、半乾きの墨あともあるし、秋(もう冬)アオリはまだ行けそうじゃね。

 

完全に五目釣りモード。

ここを回避するには暗い場所へ

常夜灯の集魚効果の無い場所で、居着きのメバルを探す作戦に変更。

そしたら、ついに懐かしいあの感触が!

これ絶対にメバルじゃろ?

 

今シーズン一匹目キャ~ッチ♪

ついでに五目釣り達成!

この際サイズはどうでも良し。

今シーズン最初のメバルの顔が見えたことの喜び♪

 

2匹目もすぐにヒット

ヒットルアー:ファラストリップレス50S

クリアーカラーがなぜ釣れる?

との疑問持った人多いんですが、常夜灯の無い暗闇でも釣れる訳で・・・

これが当たり前の自分からすると、なぜ釣れないと思うのか?と疑問を持つ。

 

いると分かれば、ワームへの反応も気になるもんで・・・

行ってらっしゃいオレンジ君。

 

メバル、いるとこにはいるじゃん。

シーバス達が産卵で深場へ落ちるのも時間の問題じゃし、いよいよメバリングシーズン始まるね。

12/11からスタートの、第6回メバルダービー。

まずは12月暫定1位を目指し、初日から釣行予定組みました。

今回見つけた場所を軸に、まずは20UPを2匹揃えていく予定。

そして、今シーズンこそは尺メバル釣って

主催者が1位っていう前代未聞の結果を取っちゃるぞ~

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました