【とあるスタッフ】雨後のシーバス(動画あり)

真冬の、真夜中、バチ抜けシーバスを狙ってあんなに沢山いたシーバスマン。  

なんでしょうね、あの時釣り人が集結していたあの水門や、この小規模河川。今回の雨で、淡水側から沢山の餌が流れて、あっちもこっちもシーバスのボイルでパッコンパコンドンッ  な・の・に・・・・・

どこいっても釣り人だ~れもおらんあせる  あんなに寒い真冬の真夜中頑張っていた釣り人のみなさ~ん。こんなに過ごしやすい天候の、夕方から始まってるボイルを何で狙わないんですか???

  って言いながら、とあるスタッフはそこで釣りをしません。

なぜなら、ウェーディングしてることが楽しくてしょうがないから爆  笑  でもね、誤解のないように言っておきますが、この状況であれば、オカッパリでも同レベルで釣果出ますよ。

自分は、単に水に浸かりたいだけ。  

では、今回のちょっとした動画へ。  

今回は、ベイトタックルで挑戦です。

まずは、そもそもなんでベイトタックルなのか?編 

風が強かったんで、爆風の音・・・・・スミマセン。 

濁ってる時は、波動の強いミノーの方が良いかと思ったんじゃけど今回も、シンキングペンル達が大活躍。編  1分動画じゃ、ほんの一部しかお伝え出来ませんが、まぁ爆釣しとりますウインク

   そんでもって、なんで自分がウェーディングへ行きたがるかはてなマーク編その理由は、前世が半魚人だったというの説が有力ですが・・・ 

ハッキリ言います。

雨後は、ウェーディングする必要ま~ったく無し。

水門ガラミの場所で、ボイルしてるとこ探せば、シーバスはい~~~~っぱいおるでぇ~

コメント

タイトルとURLをコピーしました