【とあるスタッフ】バチ抜けシーバス 今晩が本命です!

2020年03月10日(火)

バチ抜け=冬~春へかけての大潮の晩。

大潮の晩って表現が実に曖昧で、じゃあ中潮→大潮に変わる日はどうなのか?

そんな思いで、連日連夜頑張っているシーバスマンの皆さん。

爆発するなら今晩です

今晩不発なら、明日も明後日も期待薄

ってことではあるんですが、スタッフの都合が合う日が昨日しかなく、倉敷店の高橋・岡田・清永と自分の4人で調査へ。

天気予報・雨雲レーダーともに、満潮ごろから雨予報。

行くだけ無駄かもって思いながらも、雨雲の到着が遅れる可能性にかけて決行。

結果

満潮直前のタイミングで、結構な数のバチが抜けだして、入荷待ちの新製品ファラストリップレス90S瀬戸内レモンでヒット。

雑な画像でスミマセン

このあと、もっと大きいのが釣れると思って・・・

さぁここから。

なんやかんやとやりたいことが多くて、4人で出撃してきたんですが・・・・

そこから一気に雨脚が強くなり

1人ならずぶ濡れでもやり続けたんですが、このタイミングで複数名のスタッフが風邪をひくわけにもいかず・・・

撤収

今晩は、雨の濁りが少ない場所がおススメです。

淡水が入りすぎると、バチは水面まで浮ききらないことが多いんで、バチ抜けが目視できなければ、少し下の層を攻めてみましょう。

シンキングタイプで、一旦底まで沈めて、上に向かってルアーが上昇するようなイメージで動かすと

自分は、一昨年バチ抜けでチヌが爆釣したことがあったんで、今日はチニング検証予定。

昨晩、自分たちが撤収してるときも、雨の中で頑張っていたシーバスマン多数。

今は色々と難しい時期ですから、風邪などひかれないよう体調管理お気を付けください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました