釣り具のタイム!人気のタコエギ3個で1000円

とあるスタッフの リールを大切に、長く使うためにおススメです

今回は、ドレスアップと耐久性のアップかねた

リールのカスタムパーツのお話です

こういった話になると、高額なリールを使ってる人へ向けてかな?って思われるかもしれませんが

今回は、低~中価格帯のリールを使っている人こそ読んでほしい情報です

暑くて、もう釣りに行く気力がわかないって方

そんな時は、メンテナンスかねて道具いじりがおススメです

今回は、スピニングリールについて書いてみます

修理や、糸の巻き替えなどで、沢山のお客様のリールを目にするんですが

スピニングリールにおいて、一番大切な部分が大変なことになっているものを

結構な頻度で目にします

それは、スプールエッジ(スプールの先端部分)に傷がついているものです

心当たりありませんか?

あの分部って、超~~~~~大切に扱わなきゃいけないんですよ

キャストした時、高速でラインが放出されながら

スプールエッジに当たって行きます

そこに傷がついていると?

キャストのたびにラインに引っかき傷が増えていくことになりますよね

そのうえで、ラインは高温に弱く、熱で一気に強度が落ちていくんですが

傷の無いスプールエッジでも熱は発生するところに

傷があることで、当たりが強くなり、発生する熱も高く、多くなります

最近は細いPEラインの出番が多くなっていますから

ダメージは、即ラインが切れることに直結します

では、なぜスプールに傷がついてしまうのでしょう?

また、傷を防止するにはどうすれば良いのでしょう?

スプールに傷がつく原因の大半は

釣場でこんな置き方をしちゃってるから

見たまんま

地面に当たっちゃってますよね

この状態で、ひこずったり、風で倒れたりしたもんなら

一発でスプールエッジは凸凹に・・・

 

こんな風に置いて、少しでもダメージを回避しようとはされてると思うんじゃけど

気づいたら・・・

 

また倒れてたわ~~~

なんてことに

これを防止するために、今回おススメしたいのがリールスタンド

コレを付けると

 

スプールが地面につかな~~い♪

こんな風に置いても、倒れません♪

まぁ、知ってる人は知ってますよね

で、一回知っちゃうと、無くてはならないパーツとなるわけです

 

自分は、使ってるスピニングリールには

すべて装着しています

リール本体の色と合わせたりすると、ドレスアップにもなって

愛着がもっと湧いてきて、道具を無意識に大切に扱うようになる

その結果、修理代とかかからなくなるし、長持ちするし、良い事だらけ♪

ただね、最初に触れましたが、今まではこういうパーツは高額アイテム用にしかなかったんですよね

低~中価格帯は、使い古したら新しいのに買い替えて・・・的な時代もありましたしね

 

今までは、こういったねじ込み式ハンドルのタイプしかハマるスタンドが無くて

 

こういった、反対側からネジで止めるタイプのリールにはハマらなかったんですよ

結構、このタイプのリールを使われてたお客様からの問い合わせも多くて

なんでメーカーさんは作んないんだろうね~?なんて一緒に悩んだ日々でした

そういったリールを使われている皆さんへ

とても良い情報ですよ!

 

倉敷店に先行入荷していましたゴメクサスのアイテムの中に

このタイプのリール用のスタンドがありました!

 

ネジの代わりに、スタンドをねじ込んでハメるんですね

ダイワ用とシマノ用の2規格あるんですが

実は2メーカー以外の大半の安いリールは、このどちらかのハンドルとネジが同じなんですよ

つまり、今まで諦めてきた皆様

こんな感じで、行けちゃいますよ~~~♪

カラーも色々ありますから、自分好みなリール仕上げてみたりしませんか?

そして

 

総社店へお越しの皆様、大変お待たせしました

昨日、総社店にも色々なカスタムパーツが入荷しました!

取付方法の簡単なアイテムばかりなので

ひとつ試してみませんか♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました