とあるスタッフの やっと見つけた 近場でアコウ♪

いつもの年なら、アコウの顔を見にあっちこっちへ

走り回るんじゃけど、今年は大人しく近場で魚探し

近場で魚探しってのが、かなりハードルが高い・・・

県内でも、下津井や牛窓では釣果出てるんじゃけど、自分の生活圏内からすると

遠出になっちゃうんですよねぇ~

福山へ行く方が断然近い・・・

けど、今は越県せずにしないとね

となればです、残されたエリアで、オカッパりでの実績って限りなくゼロ

全くもってゼロじゃないけど、数少ない実績エリアには、釣り人がいますしね

ただ、この宝探しみたいなので新規開拓できたら

自分だけのマル秘ポイント確保じゃけぇね

ここ最近は、良型カサゴに遊んでもらってたんじゃけど

結構な数を釣ってもアコウは混じらず・・・

やっぱいないのかなぁ~

そこで、今回は作戦変更

カサゴを釣らないような組み立てで行こう!

どうしても、アタリが無いと寂しくて

ついついやっちゃう、食わせの釣り

これを今回は封印です

最近使ってるワーム(リングベイト)のサイズは3インチ

これぐらいのサイズじゃと、カサゴもアコウ両方狙えるから、丸坊主は避けられる

この考えを封印します

今回使うのは4インチ これじゃと、カサゴの口に入るイメージが湧きません

アタリがあったら、それはアコウの確立が極めて高いんじゃなかろうか?作戦

そして、釣り場の攻め方を見直す

いつも、無意識に潮通しのよさそうな場所からエントリーしてるんじゃけど

今回は逆にしよう

こんなとこじゃ食わんじゃろ?

って思ってること自体が間違いなんじゃなかろうか?

夜釣りの場合、見えてる情報って極めて少なく

特に今回攻めてるところは、常夜灯のない暗闇護岸

もしかしたら、海の中は自分のイメージと大きくズレてるかもしれん

期待半分、諦め半分で釣りを開始しして10分ほど

コンっ⁉

えっ?アタリかな?

気持ち竿でテンションを掛けてみる

こりゃ生命感ありじゃ

4インチ食ったんじゃったらアコウじゃろ!

思いっきり合わせを入れる!

明らかにカサゴより重いし、引きが強い

海底の状況がよく分からんから、根に潜られる危険回避で、タックルのパワーを最大限に!

 

やったぁ~

今シーズン一匹目のアコウ キャ~ッチ♪

35㎝ぐらいかな 近場での釣果としたら良いんじゃない♪

見た目の期待感だけで時々通ってたこの場所じゃけど、やっぱ居ったねぇ~

一匹しかおらんって事はないじゃろ?

そう思って、粘ってたら二匹目のドジョウも居ったねぇ~

 

二度あることは三度ある?

そう思って、そこから1時間ほど

三匹目 そんなに甘くはなかったねぇ(笑)

釣れると分かったら、次回はサイズUPを期待しちゃうよね

色々縛りの多い今ですが

だからこその新しい発見、新規開拓の可能性

状況に合わせた楽しみ方

釣りは無限の可能性ありじゃけぇね

コメント

タイトルとURLをコピーしました