とあるスタッフの 思いっきり・イカ♪

メバルダービーが終わったんで

少し燃え尽き症候群ですわ

今回も上位に入れなかった悔しさと

ダービー期間中、他魚種への時間を我慢してきた反動で

4月1日の仕事終わりに、衝動的に山陰へ♪

 

前回釣行時にイカ釣りを途中で我慢しなきゃいけんかったから・・・

今回は、思いっきりイカ釣りをたのしみたいなぁ~ってね

まぁ、前回はその後メバルじゃなくアジ爆釣で、目的は達成できんかったけど

あれはあれで楽しい時間でしたがね♪

ってことで、いつものごとく、あまり何も考えず一路北上開始

自分、車の運転が好きなんで、道中もドライブ楽しんでるから移動に関しては苦になりません

今回は、でっかい鹿に遭遇したりして、ここも楽しみの一つです♪

スタートして2時間、なんか車の挙動がおかしいな?

えらい横へスライドする??

道端を観察すると、草木が横へユ~ラユラ

海沿いまでついたころには、工場の煙突の煙が真横になってる⁉

コンビニ止まって、スマフォで天候チェック

朝まで雨は降りません

・・・が、東の風強く、波1.5m

そこ確認せずスタートしたボウか?

小型のエギでライトエギンの予定じゃけど

強風はやっかいじゃな・・・

ここまで来て悩んでてもしょうがない、とりあえず前回釣った場所へ行ってみる

先行者の姿あり・・・てか風強いなぁ~

横で釣りしてて、ラインが流されてオマツリなんてことになってもいけんから

ここは、釣り場探しじゃな 

こういう時は、ラン&ラン 竿を出さずに、とにかくよさげな場所を探します

本来、一等地じゃろって場所に釣り人の姿なし

波風強くて、釣りが成立せんのかな?

 

3か所回ったぐらいから、今日の可能性を絞り込む

風がけっこう回ってる感じで、風裏を見つけるのは無理っぽい

となると、風の影響を少しでも少なくするための場所選びは・・・

足場の低い場所ですね

空中に浮いてるラインが風に持ってかれるんで、竿先が水面につくよな場所ならその影響を減らせます

何か所か回ってるうちに、ココならいけそうか?って場所を発見

このさまよう時間も釣りの醍醐味って考えたら

初めての釣り場も不安なしってね

前回は、リトルエギで釣果が出たんじゃけど、この風じゃ軽すぎて流されるだけな気がする

まずは、エギの重量と体積を大きくして、風に負けずに沈んでいく作戦で

行ってらっしゃい、ナオリー2.2号

キャストして、ラインを水面につけて、数秒フォール

浅っ!

山陰って海の透明度が高いから

見た目で水深が良くわからん

着底したとこから、手前に寄せてくると、気持ち水深が深くなる

いわゆるミオ筋ってやつね 船が行き来するからそこの海底が少し掘れてる場所

地形を感じながら、風をかわしながら、ラインを張らず緩めずなイメージで

トゥン!

キタじゃ~ん♪

 

そこから2投連続でヒット♪

ここから爆釣か?って思ったけど、そこからアタリがなくなります

偶然釣れただけ?狙い方が間違ってる?

そこで、エギのサイズを下げてみる 前回がリトルエギの1.8号じゃったから

もしかしたら2.2号が大きすぎるんかも・・・ってことで1.8号のナオリーにチェンジ

 

もしかして?

って思ったことはとりあえず試してみる

結局、正解は魚に聞くしかわからんのじゃから、頭で考えるより行動に移すことが大切です

しかし、天候が簡単に釣りをさせてくれそうにないんで、今回のもう一つの目的を早めに投入

 

釣り方じゃないボウか

やっぱね、刺身ばかりじゃイカに失礼じゃが

簡単に釣れない時こそ、美味しくいただくための時間を取らんとね

1時間ほど、その場で粘ってみたものの、いまいち風を味方にできず連チャンできないもどかしさ

試しに、リトルエギを投入したら、即1杯釣れたんじゃけど、これも後が続かず

 

テクニカルな釣りは攻略の楽しさがあるけど

今日の波風は、単に難しだけじゃ・・・

愚痴ってても、こっから進展ないし、ここで少し考える

こんな浅い小場所でもイカがおるんなら、漁港の奥の奥にも常夜灯があればおるんじゃないか?

大きめの波止があれば、多少なり波は大人しくなるじゃろうし、漁港の奥なら足場も低い

ダメ元じゃ、場所移動開始

正直、どこがいいのか分かんないから、5分ほど移動した隣の漁港で様子見です

ぱっと見で何かが泳いでるのが見えたわ

アジの群れかな?

じ~っと見てると、動きでそれが魚じゃないことが判明

バックするってことは、これイカでしょ?

しかも、結構な数がおるじゃない!

まずは、リトルエギでスタート

着水直後からイカが奪い合い開始 見えてるから即アワセ ですっぽ抜け

こりゃ、針が2段あるナオリーの方がえぇかな?

って、エギを付け替えたらアタリがなくなる・・・

なんで?

どうも、沈むのが早いのがお気に召さない様子

自分の使ってるのがベーシックタイプじゃから、シャローがあれば良かった感じ

じゃぁ、もう悩む必要なし リトルエギに頑張ってもらいましょう!

 

このエギは、色が見やすいから

サイトフィッシングにぁ持ってこい

お刺身用も、これで確保できそうじゃわ

 

パターン見えてきだでぇ

見えてるイメージを遠くで再現してみると

手前がスレたら、遠投して沖の群れ(見えてないけど、多分いる)にアタック開始

ヒットゾーンは、水面から1m以内

ちゃちゃってアクション入れてからのフォール

ただし、真下へのフォールには反応が薄い

横方へスライドしながら沈んでいくエギの動きに好反応

アタリが減ったら、夜行ボディーを蓄光させて、明るく光らせたら再びバイト多発

エギは、最初につけたリトルエギの1.8号をず~っと使い続け・・・

反応が鈍れば、キャストコース、距離、アクション、間の取り方などなど

色々と狙い方の手を変え品を変え

やべっ、完全にハマってくぞ~ 止まらんぞ~ 

イカは貰い手に困らんから、調子こいて釣りすぎてもどうにかなるし・・・

多分、この釣りは今シーズンはもうやらないし

今この瞬間じゃから試せることも多いし

自分の技術UPにゃ、またとないチャンス

リミッター解除!!!!!

この波風味方に付けちゃるぞ!!!!!

 

これ以上はクーラーに入らから

これにてストップフィッシング

300円のエギでこんだけ釣れりゃぁ文句なしでしょ♪

さぁ、次は瀬戸内のコウイカじゃ

コメント

タイトルとURLをコピーしました