とあるスタッフの 激熱サーフでルアー五目

2日前、友人と仕事終わりにアオリイカ釣りの約束したんですが、天気予報が夜明け前から雨予報。

自分の経験上、雨のなかではアオリイカってあんまり釣れない印象強し。

でも、友人は前日から釣り場に行って、イカ以外の魚を釣りながら待ってるんですよね・・・

 

 

とりあえず電話して、様子を聞いてみるかな。

もしも~し、そちらの様子はいかがでしょう?

友人:なんかいろんな魚が沢山釣れて楽しいで♪

そりゃよかった。んじゃ、雨みたいなんで自分今回はやめますわ

友人:ホンマに?めっちゃ釣れるのに?

それって、釣りあるあるで、昨日までは良かったのになぁ~ってやつでしょ?

友人:いやいや、こんだけ魚が入っとるけぇ、一日じゃ抜けんじゃろ?

 

友人がこんなに食い下がることは珍しいな。

よっぽど釣れとるんじゃ?

ほんじゃ行きましょうか?

友人:おう、来たらえぇが♪ ただ、雨で状況が一変するかもじゃけど・・・

 

まぁ、そりゃいつものことですわ。

んじゃ、今回はイカじゃなくてサーフゲームですね。

って電話で行くこと決定。

サームゲームって言っても、そんな道具は積んで来とらん・・・

けどまぁ、どうにかなるでしょ。

問題は雨じゃな・・・

最近の天気予報はよく当たる。

当然、雨雲レーダーの予報通り、夜明け前から雨が降る。

ウェーダーとレインジャケットで雨対策をして、いざ砂浜へ。

夜明け前の薄暗い中、なにやら水面が騒がしい・・・

 

 

 

友人:ほらな! 沢山魚が入っとるじゃろ。

 

で、釣果の一部がこんな感じ。

実際の釣果はこんなもんじゃありません。

実釣の様子は動画をご覧ください。

今回も、秋の収穫祭モードでございます。

 

 

秋のハイシーズン突入 サーフが激熱 ルアー五目

自分は、チニングタックルで足元から2~30mを狙ってたんですが

地元の方は、ショアジグタックルで、はるか沖までキャストして、ブリを釣ってましたわ。

 

 

今回のキーは、カタクチイワシの回遊。

エサが沸いてるとこに、ターゲットもついて移動してるんで、反応の無い場所で粘るんじゃなく

イワシのいる場所をまずは探すことが先決です。

 

 

イワシに狂った魚たちには、細かいテクニック不要ですが、イワシの泳ぐレンジに注意。

イワシが水面で逃げてる時は、ルアーも水面から直下を泳がす。

見た感じ、静かになったら、ルアーを少し沈めて探ってみましょう。

 

今回使ったルアーは

メタルジグ・シンキングミノー・シンキングペンシル・ペンシルベイト・ワーム・スピンテールなどなど

 

色んなアイテムで魚の顔が見えたけど、まったく反応が出ないルアーもいくつかあって、球数はしっかり持っておく方が良いですね。

 

この日はサゴシに一軍ルアーを3個切られました。

サゴシの多い場所は、リーダー太めが良いですよ(今回はフロロ5号でも切られちゃった)

 

収穫祭の秋

釣り人密集地をさけて、広々サーフいかがでしょう?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました