【スタッフブログ】岡山地波止 アジが回遊中です 岡山本店

皆様、こんにちは。

岡山本店の立花です。

いつもご来店を頂きありがとうございます。

10月に入り、今年もアジが回遊中してきたとの話を耳にしました。

この季節の風物詩という釣りモノです。

ちょっと調査をかねて、アジングタックルを片手に釣行してきました。

【日付】10月24日(火)【お名前】岡山本店 立花
【魚種】アジ【サイズ】15~18cm
【釣場】岡山県南部【釣り方】アジング 

狙ったポイントはアジの回ってきやすい潮通しの良いエリア。

常夜灯の明かりが水面に落ちている場所を中心に攻めてみました。

今回は1.2g、1g、0.8gの重さのジグヘッドを用意しました。

1gを中心に使用して、潮の速さや魚の状態で小まめにローテーションをしていきます。

↑自分は釣り場で針にワームを刺すのが苦手なので、あらかじめ自宅でセットしておき、この様な専用のケースに収納して釣り場に持ち込んでいます。

↑ワームはこれらの商品を使用しました

この時期はプランクトンや白アミ、小魚など色々なベイトを捕食していると思い、色だけでなく、形状の違うアイテムを用意しました。

マンボウ

常夜灯の照らしている部分の外側の暗い所に投げて、ゆっくりと沈めながら、手前に巻いてきます。

投げた後にカウントを数えながら釣りをしていると、15を数えた所でアタリが出ました。

鋭い引きを堪能しながら、釣り上げると念願のアジ。

体高のあるカッコいいフォルムをしています。

丁度、時合のタイミングなのかその後も連続でヒット。

コツっというアタリを積極的に掛けていくのが面白いです。

ここで

「ジグヘッドを軽くしてみたらどうなるんだろう?」

と思い、重さを0.8gに変更してみます。

すると5をカウントをした所でひったくる様なアタリが出ました。

上がってきたのは30cm前後のセイゴ。

表層付近にかなりの数がいるようで、ジグヘッドを軽くするとセイゴのアタリが続きます。

ときおり、暗闇で大きな捕食音がするので、かなり大きなサイズもいる様です。

また、逆にジグヘッドを重くするとカサゴやウミタナゴ等が上がってきました。

試行錯誤しながらジグヘッドの重さやワームを変えて、アジのいる所を探すのもアジングの面白さの一つですね。

短い時合でしたが、何とか複数安打を達成出来ました。

ということで今の時期に楽しめる瀬戸内アジング

テクニカルで手強い釣りですが、釣れた時の達成感がとても高い釣りモノです。

みなさまも挑戦してみてはいかがでしょうか?

もちろん、岡山本店でもアジ・メバルなど人気のライトゲーム用品には特に力を入れております。

入門者の方から、上級者の方にも人気の

メジャークラフト 鯵道シリーズ

のロッドも取り揃えています。

ハイシーズンに備えて、各種ワームも続々と入荷中。

また、夜22時まで営業しておりますので、釣行の行きがけの買い物にも最適です。

ぜひ、お立ち寄り下さいませ。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

釣り具のタイム岡山本店 立花

タイトルとURLをコピーしました